ぺんぎんだもの 〜ぺんぎん観察記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS パパぺん&ママぺん / 「にわとりどり展」もおすすめです(上野動物園)

<<   作成日時 : 2016/12/25 14:56   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0




2週間ぶりの 上野動物園 ぺんぎんハイツ。


お池に面したお部屋から、前回、おひなの鳴き声が聞こえました。

( そのときのことは こちら★ )



今、鳴き声は はっきり聞こえるようになりました。
目を凝らすと、なにか茶色っぽいのが もぞもぞっと動いていたり……
(まだお外には出ていないようです)。



パパぺん、ママぺんが おひなを守って常勤〜。
画像
1羽が巣穴のなか、おひなのすぐそばにいて、


ときどき、もぞもぞっと動いているのは、たぶん吐き戻しを与えているものと思われる。


そして、もう1羽が

じーっと お部屋の入り口をガード中。

画像
かたときも離れず。えーと、パパぺんなのかな(??)。

この、ぺんぎんなりにすごく実直な表情というか、ナイスです。


なんだか頭部ががっちり、鋭角的なので、こちらがパパかな? と思う次第です。
ちがったらごめんね。




奥からは、「びゃー! びゃー!」と おひなの声が聞こえます。


責任重大よ、パパぺん&ママぺん。
画像
ほんと、こうやってじーっと守っているのよ。


それにしても、巣穴のほうの子(ママぺん?)、尾羽の白いところがなかなか粋です。



ときには、巣穴のお守り役を バトンタッチします★


交代しました。
画像
尾羽の白いママぺんが、こんどはお外へ。


「あー」。という感じのお顔がよいです。
画像


おひながお顔を出すのはいつごろかな〜。
もうすぐですね。



午前中のぺんぎんハイツは、光が夕方とはちがう。
画像
朝ですからね。




そして レモンちゃんはあいかわらず
画像
きょろきょろしておる。


貴婦人のお散歩にうしろからついてって、威嚇されたりしていました。

画像
たんさくちゅう


画像
ひきつづき たんさくちゅう

(ここ狭いんだもん)
画像



朝のぺんぎんは、よいね。
画像
お羽のお手入れに夢中です。





来年の干支にちなんで、「にわとりどり展」をやっています。
画像
(鶏は、鳥インフルエンザがおさまるまで展示中止です)




「にわとり」と聞いてぱっと思い浮かべるのは、大概は白い体に赤いとさかですよね。
これはイタリア原産の白色レグホーン。
おもに、人間の食べる卵を産むために家畜として飼われてきた種です。


鶏の祖先は
セキショクヤケイといって、野鶏(ヤケイ)。東南アジアにいました。


家畜化したのは、5000年ほど前だそうです。

なぜ飼うようになったかというと
「鳴き声で 時間を知るため」だったというので 驚きました。

卵をとるためでも、食肉用でもなくて。



日本で飼われるようになったのは、弥生時代のことだといいます。

それから千年以上
外来種との交配をせず、だいじに受け継がれてきたのが

日本鶏(にほんけい)」です。

上野動物園はじめ、羽村市動物公園でも見ることができます。


日本の食習慣に、もともと卵も食肉もありませんでしたので
日本鶏は、おもに観賞用として飼われてきたのでした。

特別天然記念物「土佐のオナガドリ」も日本鶏の一種。


羽の豪華絢爛な美しさを愛でたり
鳴き声の見事さを誇ったり。

画像
(夏に撮りました。上野動物園の鶏舎)
画像
画像
画像
とってもきれい〜♪ うっ「とり」してしまいますね!





「にわとりどり展」が開催されている、曲がり屋には


かわいらしい工芸の鶏たちがいっぱいいました☆

画像
画像
画像
みんないい表情です。



ちなみにこの曲がり屋、私はとても好きです。
画像
見島牛(みしまうし)の初春(はつはる)がいます。


見島牛は在来牛、日本に昔からいる牛。
日本鶏とおなじく、外来種との交配をせずに伝わってきた牛さんです。


(和牛じゃありません。
和牛は外来種とのかけあわせなので、在来牛とは違います)


見島は山口県(日本海側)の沖にある島です。
行ったことないけど、行ってみたい。
あのあたりの海はものすごく青々していてきれいなんです。



ぺんぎんの帰りに、初春を眺めるのも大好きです。

画像
あさごはん。

おとなしーくて、のんびりしており、遠目には「大きな黒い影」といった感じです。


睫毛や、背中やおでこの毛、ふさっふさ、もふもふです。
触りたい。

飼育員さんに、おでこをこりこりっと撫でてもらってた。

飼育員さん、いいなー。










★ 2017.4.29 ブログを移行しました こちらへ ★

★ こちらで↓ ぺんぎん応援中 (◎▼◎)/ ★
minne のマーケット 〜 African Penguin Awareness Day 企画 〜 チャリティー・ポストカード つくりました。

★ 2016.11 SANCCOB に寄付しました。詳しくはこちら。


★ 熊本市動植物園の日常 *(◎θ◎)* ★
素顔の動物園 The real zoological garden
熊本日日新聞社
2016-08-15
熊本日日新聞社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 素顔の動物園 The real zoological garden の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「今、熊本市動植物園は熊本地震の影響で長期休園を余儀なくされています。動物たちは余震が起こるたびに不安そうに鳴き声を上げているそうです。動物たちも私たちと同じく震災を経験し怖い思いをしているのです。
園が再開するまでの間、動物たちとは会えませんが、この本を手にすることで動物たちと気持ちをつなげていただく一助になれば、幸せなことだと思います。」
(熊日出版スタッフブログから)


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


書棚です〜 (◎θ◎)/


↓たくましく生きている
ペンギンの楽園 地球上でもっとも生命にあふれた世界 The Paradise of Penguins
山と渓谷社
2016-08-12
水口 博也
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ペンギンの楽園 地球上でもっとも生命にあふれた世界 The Paradise of Penguins の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

↓神々しい。素晴らしい写真
太田達也写真集 カムイ 神々の鼓動
山と渓谷社
2015-10-02
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 太田達也写真集 カムイ 神々の鼓動 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

↓わかりやすい
ペンギンの不思議: 鳴き声に秘められた様々な役割
誠文堂新光社
宮ア 正峰
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ペンギンの不思議: 鳴き声に秘められた様々な役割 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

↓うつくしく、深い
ペンギンの歩く街
ポプラ社
藤原 幸一
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ペンギンの歩く街 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

↓ぜったい読むべき!
野生の猛禽を診る―獣医師・齊藤慶輔の365日
北海道新聞社
齊藤 慶輔
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 野生の猛禽を診る―獣医師・齊藤慶輔の365日 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


パパぺん&ママぺん / 「にわとりどり展」もおすすめです(上野動物園) ぺんぎんだもの 〜ぺんぎん観察記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる