ぺんぎんだもの 〜ぺんぎん観察記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS おたる水族館「雪中さんぽ」その2  〜「なつ」と「あき」〜

<<   作成日時 : 2017/01/09 22:37   >>

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


〜〜おたる水族館、つづきです。



寒い冬も笑顔を忘れず、ストーブの傍らにたたずむ ペン太。
画像




こういうアートワークがかわいくって、気が利いてて、よいの!
画像
今年はあざらしプールが屋外に設置されています。

その名も「凍るど!プール」 cold pool だそうで、ネーミングのこの、笑えるというかダジャレ感あふれるというかが、好きなんです。


冬はますます元気なゴマフアザラシ3頭がぐんぐん泳ぎまわっていて、

「寒くないのですね?」と尋ねてみたい気持ちになります。



雪中さんぽの会場へ続く、この道案内もよいね!
画像
自分もぺんぎんになった気分で、たのしく丘を上ります(足元はかなり滑ります……)。





まだ0歳の あき。

甘えん坊だと紹介文にあったように、


ママの なつ に まだ、吐き戻しをもらっていました。
画像
かあちゃーん、おなかすいたよ。
画像
左があき、右がなつ。

大きさはもう大人とあまり変わらないのですが。


なつは きめ細やかに面倒を見ているようでした。
画像
……未消化のお魚が、ずるっと出てきて

あきはそれを一気に丸呑みしました。



食べたりないよー。
画像



なつが あきをとてもかわいがってる様子。微笑ましかったなあ。




ぺんぎんたちの姿を見るのはもちろんのこと


太郎ちゃんに会うのも、おたる水族館訪問の楽しみです。

画像
アオウミガメの太郎ちゃん。


2007年に保護されたとき、すでに右の前肢がなくなっており、衰弱。
ぐったりして、もう目は開かないのではないかという状態だったそうです。


当時、ちょうど「たらい」くらいの大きさの子でした。


緊急治療を施し、ミキサーにかけた餌をチューブで与えた。
少しずつ回復し、みずから食べることができるようになり、

完全に治癒した後は病気ひとつしたことがないそうです。



右手がなくても。
画像
強い生命力と不屈の意志で 危機を乗り越えた太郎ちゃん。

アオウミガメの迫力ある存在感を感じさせてくれます。



来館者が太郎ちゃんへの思いを綴ったノート。何冊もたまっています。
画像
私も来るたび書かせていただいてます☆


太郎ちゃん、元気です!
画像
ドチザメを ぺし、ぺし、と叩く。ちょっかいを出す(?)太郎ちゃん。


えーと、ドチザメは若干、迷惑そうでした。



おたる水族館うまれの ホテイウオの子どもたちも見ることができました。
画像
きんとき豆くらいの大きさ。
画像
凍(しば)れる海の ホテイウオ子ども。
画像
ぴらぴらと鰭を動かし、おなかの吸盤で水槽にくっつきます。



ホテイウオ。
地元の言葉で「ごっこ」と呼ぶそうな。

ごっこ汁は、冬の味覚のようですね。


おたる一日目は こうやって無事にすぎていきました。
画像





左は おたる水族館限定のビール♪
画像
こつめかわうそのラベルなんです。

お代の一部はおたるの生き物たちの餌代に貢献されるそうで、


ニンゲンはおいしくいただき、そして少しだけお役に立てる。


ビールは アンバー・ラガーとありますように、

わかりやすいところで言うと、「よなよなエール」をすこーしだけ辛口にしたような感じです。

まったり、ゆっくり飲めます。


こういうのと、それから土地の蒲鉾があれば私は満足です。


右のノンアルコールの小樽ビールもおいしかったです。
ノンアルコールといっても 味に深みがあって、ふつうのビールに負けません。





つづく〜〜〜











★ 2017.4.29 ブログを移行しました こちらへ ★

★ こちらで↓ ぺんぎん応援中 (◎▼◎)/ ★
minne のマーケット 〜 African Penguin Awareness Day 企画 〜 チャリティー・ポストカード つくりました。

★ 2016.11 SANCCOB に寄付しました。詳しくはこちら。


★ 熊本市動植物園の日常 *(◎θ◎)* ★
素顔の動物園 The real zoological garden
熊本日日新聞社
2016-08-15
熊本日日新聞社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 素顔の動物園 The real zoological garden の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「今、熊本市動植物園は熊本地震の影響で長期休園を余儀なくされています。動物たちは余震が起こるたびに不安そうに鳴き声を上げているそうです。動物たちも私たちと同じく震災を経験し怖い思いをしているのです。
園が再開するまでの間、動物たちとは会えませんが、この本を手にすることで動物たちと気持ちをつなげていただく一助になれば、幸せなことだと思います。」
(熊日出版スタッフブログから)


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
かわいい かわいい
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


書棚です〜 (◎θ◎)/


↓たくましく生きている
ペンギンの楽園 地球上でもっとも生命にあふれた世界 The Paradise of Penguins
山と渓谷社
2016-08-12
水口 博也
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ペンギンの楽園 地球上でもっとも生命にあふれた世界 The Paradise of Penguins の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

↓神々しい。素晴らしい写真
太田達也写真集 カムイ 神々の鼓動
山と渓谷社
2015-10-02
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 太田達也写真集 カムイ 神々の鼓動 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

↓わかりやすい
ペンギンの不思議: 鳴き声に秘められた様々な役割
誠文堂新光社
宮ア 正峰
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ペンギンの不思議: 鳴き声に秘められた様々な役割 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

↓うつくしく、深い
ペンギンの歩く街
ポプラ社
藤原 幸一
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ペンギンの歩く街 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

↓ぜったい読むべき!
野生の猛禽を診る―獣医師・齊藤慶輔の365日
北海道新聞社
齊藤 慶輔
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 野生の猛禽を診る―獣医師・齊藤慶輔の365日 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


おたる水族館「雪中さんぽ」その2  〜「なつ」と「あき」〜 ぺんぎんだもの 〜ぺんぎん観察記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる